ようこそ山科へ おこしやす“やましな”協議会
 
「東 日本大震災の被災地へ山科の魅力を届けよう!」プロジェクトを実施!

当協 議会では,毎年,秋の観光シーズンに合わせて,会員や「ミス小野小町」等からなる「キャラバン隊」を東京や大阪に派遣し,京都・山科の観光PRをキャン ペーンを行っています。

平成 24年は,当協議会のNPO法人化5周年記念事業の一環として,山科区役所と協働で11月2日〜4日に東日本大震災の被災者への支援活動及び観光PRのた めにキャラ バン隊を仙台市及び会津若松市に派遣しました。

   

1 仙台市(青葉区・若林 区)を訪問

 11月2日(金)の午前7時に山科 区 役所を出発し,バスで11時間かけて仙台市に到着しました。

 また,洛和会ヘルスケアシステムの ご 協力を得て,大規模災害救助車 を提供していただき,支援物資を運びました。

出発  出発

 京都山科から仙台へ                       途中 のサービスエリアで洛和会救助車と合流

2 仙台市青葉区民まつり に参加

 翌日の11月3日(土・祝)には, 仙台市青葉区民まつりに参加し,山科を紹介するブースを出展するとともに,メインステージで舞妓の 舞を披露しました。

・ 山科を紹介す るブースを出展

午前8時ごろから準備を始め,10時からスタートした区民まつりでは,ブース内に山科区内の行事のポスターやパネルを展示し,また,ブース前で山科 の観光を PRするチラシを配布し,「和束茶」と「京生八橋」をふるまいました。

青葉区民まつり 青葉区民まつり

  早朝からブースの準備         出竿会長の号令でスタート

青葉区民まつり 青葉区民まつり

 仙 台市民との交流            観光PR実施中

・ ステージで舞妓の舞を披露

午 後1時からのステージでは,司会のミス小野小町から京都山科の紹介をし た後,五花街の一つである宮川町の舞妓が青葉区民の皆様に舞を披露しました。

青葉区民まつり 青葉区民まつり

 司 会のミス小野小町           舞妓の舞の披露

3 仙 台市若林区の荒井小学校用地仮設住宅を訪問

 青 葉区民まつりに残るメンバーを除くキャラバン隊は,青葉区民まつりの会場を後にし,仙台市若林区にある荒井小学校用地仮設住宅を訪ね,支援活動を実施しま した。

・ 荒浜地区視察

そ の途中,津波の被害が大きかった荒浜地区を視察しました。津波の爪跡が今も残るその光景に,自然の 脅威をまざまざと見せ つけられ,復興に向けて,まだまだ息の長い支援が必要であることを実感しました。

荒浜地区 荒浜地区

 荒 浜地区の様子             犠牲となった方々の慰霊碑の前で黙とう

・ 荒井 小学校用地仮設住宅を訪問

午 後3時頃,荒井小学校用地仮設住宅に到着。仮設住宅の方々との交流会を開催し,支援物資の贈呈,舞妓の舞の披露,また,夕方には清水焼の陶灯路を行い,被 災された方々と一緒に陶灯器に点灯するなど交流を深めました。

ま た,こ の陶 灯路に使用したLED型陶灯器を贈呈しました。

荒井小学校用地仮設住宅訪問 荒井小学校用地仮設住宅訪問

 出 竿会長から挨拶            石黒山科区長から挨拶

荒井小学校用地仮設住宅訪問 荒井小学校用地仮設住宅訪問

 舞 妓の舞の披露             LED型陶灯器を贈呈

荒井小学校用地仮設住宅訪問 荒井小学校用地仮設住宅訪問

 被 災者の方との交流          被災者の方と一緒に陶灯器に点灯

4 会津若松市(鶴ヶ城)を訪問

・ 会津若松市長と交流し,観光PR活動

最終日の11月4日(日)には,京都市との相互交流宣言に調印している会津若松市(鶴ヶ城)を訪問し,京都市の門川市長からのメッセージを室井会津若松市長 に届けるとともに,LED型陶灯器と清水焼 のマグカップを贈呈した後,同城内で京都山科の観光PR活動等を実施しました。

会津若松市訪問 会津若松市訪問

 LED型陶灯器を室井市長に贈呈   清水焼のマグカップを室井市長に贈呈

会津若松市訪問 会津若松市訪問

 鶴ヶ城前で記念撮影           観光PR活動が終了


戻る
ライン