ようこそ山科へ おこしやす“やましな”協議会

Home
山科について
史跡紹介
山科歳時記
Let's walk やましな
交通アクセス
体験する
学ぶ
泊まる
おこしやす “やましな”協議会とは
リンク集

リストマーク史跡紹介
岩屋神社(http://www.iwayanomori.org/shrine/index.html)
岩屋神社  山科区内で最も古い神社の一つで,本殿背後の山中にある巨大な陰岩と陽岩を御神体としており,古代の磐座信仰の姿をよく伝えています。
 昔,この岩から水が湧き出し,村の水田を潤していたと伝えられています。
大石神社(http://www.ohishi-jinja.jp/)
大石神社  忠臣蔵で有名な大石内蔵助良雄を祭神として1935(昭和10)年に創建された神社です。
 毎年12月に行われる「山科義士まつり」の舞台ともなっており,境内にある宝物殿には忠臣蔵に関係する資料が多く展示されています。
勧修寺
勧修寺  醍醐天皇が900(昌秦3)年に創建した真言宗山階派大本山の門跡寺院です。
 境内には平安時代の姿を残す池泉回遊式の庭園,書院などがあり,書院の前庭には,水戸光圀寄進と言われる灯籠があります。
歓喜光寺
歓喜光寺  時宗の開祖一遍上人の弟子,聖戒によって開基された寺院です。本堂は,桃山時代に豊臣秀頼の母,淀君の祈願により建立されたもので,京都府指定文化財となっています。
隨心院(http://www.zuishinin.or.jp/)
隨心院  六歌仙の一人,小野小町の邸宅跡と伝えられている門跡寺院です。小町を慕う深草少将の百夜通いの伝説や,小町が通っていたとされる化粧井戸等が残っています。
 梅が咲き誇る3月末には,はねず色の小袖を着た少女たちが踊る「はねず踊り」が開催されます。
毘沙門堂(http://www.bishamon.or.jp/)
毘沙門堂  江戸幕府の政治顧問として活躍した僧天海が再興した門跡寺院です。見る角度によって目や顔の向きが変わる「天井の龍」や逆遠近法で描かれた「宸殿の襖絵」は必見です。
 春はしだれ桜,秋は紅葉が有名です。
東本願寺山科別院
東本願寺山科別院  東本願寺山科別院は,東御坊とも呼ばれています。
 境内には,大きな銀杏の木があり,山科区民の誇りの木に選ばれています。

ライン